歴史を作った伝説のAV女優のラストVRを見逃すな⇒すぐに密着SEXを求めてくる、綾にゃんと濃密LOVE×2密着ニャン×2SEXライフ #佐々波綾 【VRエロ動画レビュー】


 

作品概要

一人暮らしの僕の家に大きなダンボールが。ガタガタ動く箱を開けると中にはとびきり超絶可愛い綾にゃんが!!早速部屋に招き入れ一緒にゲームしたり、エッチなことしたり、最後のお別れの寸前までたっぷりと濃厚に、そして密着しながら綾にゃんとの素敵な時をお過ごしください!!

 

VRの品質

画質:このメーカーのVRの画質はいつも良い
ピント:問題なし
比率:違和感なし
視点:対面視点⇒寝そべり視点⇒対面視点⇒正常位視点

 

作品の流れ

<ファイル1>
・佐々波綾ちゃんが段ボール箱の中から登場
・部屋の中であっちむいてほいなどイチャイチャ
・暗転しベッドルームに
・キスと耳舐めの嵐
・おっぱい愛撫→あそこ愛撫
<ファイル2>
・乳首舐め→フェラ
・あそこ愛撫→変形69→69
・騎乗位で挿入
・騎乗位→背面騎乗位→対面騎乗位
・対面座位→正常位→中出しフィニッシュ

 

作品レビュー

伝説のAV女優の伝説のラストVR

アダルトVR界をけん引してきた伝説のAV女優『佐々波綾』さんの最後のVR作品。
リリースされてから当記事を書くまでの間、何度もこの作品を観ましたがイチャイチャ系のアダルトVRとして文句のない、素晴らしい出来栄えです。
画質はとてもキレイで目の前に佐々波ちゃんがいる事をリアルに感じます。
音声もバイノーラル録音で、片耳で囁かれると思わずくすぐったくなるほど。
こういう素晴らしい技術的ベースがあるので、佐々波ちゃんの素晴らしい演技が映えます、映えまくります。

と、ここまで書いて気付きました。
この作品はレビューする気が起きない\(^o^)/
最後のVR作品、私なんかのレビューは気にせず、大事に観てほしいって思うのです。
というわけでレビューは放棄して、この作品について感じた事を書いていきたいと思います。

この作品のテーマは「佐々波綾ちゃんとイチャラブセックス」ですけど、実は裏のテーマが2つあるんじゃないかと思っています。

1つ目の裏テーマは『アダルトVRでの佐々波綾の集大成』
この作品、佐々波ちゃんが今まで培ってきたアダルトVRでの技術や演技力がふんだんに盛り込まれています。
まずはキス。
アダルトVRでのキスの演技、佐々波綾以前、佐々波綾以降で大きな違いがあります。
それは「舌を絡めている感」、もしくは「しずる感」
今は多くのAV女優さんがアダルトVR作品でキスをする際、ジュルジュルっと音を立ててキスをする事が一般的ですが、この方法を確立、成功させたのは佐々波ちゃんだと思っています。
もちろん、佐々波ちゃん以前にもディープキスを演出した女優さんはいましたが、これほど「舌を絡めている感」そして「しずる感」を出したのは佐々波ちゃんが最初。
この作品ではそんな佐々波ちゃんの「舌を絡めている感」を凄く感じるキスがふんだんに収録されています。
耳舐めもそう。
本当に舐められているかのような耳舐め、、、これでもかと収録されています。

さらに囁き。
佐々波ちゃんの囁きは単に囁くだけではなく、囁きと同時に息が耳に吹きかけられているかのような錯覚に陥り思わず身をよじってしまうんです。
こんな囁き方、他の女優さんではなかなかいません。
これも佐々波ちゃんの技術です。

そんな中、一番感じるのは『カメラやスタッフを意識させずずっと私を見ている佐々波綾』という空間を作り出す技術と演技力
佐々波ちゃんのアダルトVRでは時間を忘れ没頭できる、いわゆる没入感が凄いのは、佐々波ちゃんのこの空間を作り出す技術と演技力がとても高いから。
これ、アダルトVRだから当たり前だと思われがちですが、意外とカメラや裏のスタッフを意識する瞬間って出てくるんです。
そこで少し没入感が下がるんですけど、佐々波ちゃんのアダルトVRにはそれがほぼない。
なぜなのか。。。
それは佐々波ちゃんがずっと大切にしてきた「カメラの向こうにいるあなたに直接語りかける」という事を作品を通して実践しているからだと思います。

現場ではついつい裏にいるスタッフさんや目の前にあるカメラが気になるものだし、それを意識しちゃうと思うんです。
でも、佐々波ちゃんは高い集中力でそれらを排除しカメラの向こう側にいる私に直接語りかけてくれています。
だから、特にこの作品では「佐々波ちゃんにずっと見られているなぁ」と感じます。
すごく満たされます。
めっちゃ気持ち悪い事を書きますが、佐々波綾とセックスしてる実感がすごくある!!!
こう思ってしまうのは、この作品が佐々波綾の集大成だからだと思います。

 

2つ目の裏テーマは『ファンへのお別れ』
この作品を観るとファンは少し悲しい、さみしい気持ちになると思うんです。
それは、これが愛する佐々波ちゃんの最後のVR作品だから、だけが理由ではありません。
この作品では「限られた時間の中での私と佐々波綾との交流」が描かれています。最初からタイムリミットが設定されているんです。
このタイムリミットは1日24時間。

これは私の完全な妄想ですけど、この24時間は「AV女優・佐々波綾が生まれてから引退するまで」を表しているんじゃないかと思うんです。

段ボール箱を開けると佐々波ちゃんが出てくるんですけど、それはAV女優・佐々波綾の誕生。
そして楽しい時間を過ごしあっという間にタイムリミットが近くなり、佐々波ちゃんは段ボール箱の中に。

これはAV女優・佐々波綾が封印される事を表しているんじゃないかと思うんですよね。
一度段ボール箱の中に入った後「まだ時間がある」と出てきたのは、佐々波ちゃんがファンにお別れを告げるため。

そんな佐々波ちゃんがボソッと漏らします。
「なんか、、、あっという間だったね」
佐々波ちゃんを知って人気が出てから引退まで、本当にあっという間でしたよね。。。

「綾の事、、、好きだった?」
ここ、過去形なんですよね。。。普通の作品だったら「好き?」という問いかけなのに「好きだった?」という過去形での問いかけ。
あぁ引退したんだな、というリアルな実感が胸にズドンときます。

「好きになってくれた?」
引退という結末を知っているため、とても切なく響くこの言葉。。。

その後、「最後」というセリフがいくつも出てきます。
「最後」なんですよねぇ。。。

佐々波ちゃんとの「最後」の交流が終わり、作品の最後
「またいつか、、、会えたらいいね」
「これで、、、本当にバイバイだからね」

そして自ら段ボール箱に入り、自ら段ボール箱を閉め「引退」する佐々波ちゃん。
それを見送る私たち。。。
AV女優・佐々波綾の最後の瞬間を見届けた、、、そんな気持ちになれました。
最後のセリフが泣けた。。。

これは完全に私の妄想なので、そんな事を意図して作ってないかもしれませんが、でもそう思わせてくれる、佐々波ちゃんとのお別れの場を設けてくれたような気持ちになれた、とても素敵な作品でした。
この作品は、佐々波ちゃんのファンにとってかけがえのない作品になったと思います。

佐々波ちゃんの表情、とてもすっきりしていたなぁ。。。

佐々波綾は永遠に伝説の女優さんです!!!           




え?無修正動画?丸見え?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人気記事ランキング(週間)

コメント一覧

  1. […]  korenuke.com歴史を作った伝説のAV女優のラストVRを見逃すな⇒すぐに密着SEXを求めてくる、綾に…http://korenuke.com/2018/07/28/post-2369-2/   […]

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。