AV女優『 #佐々波綾 』さん引退を受けて

2018年6月8日7時9分、佐々波綾さんがAV女優引退を発表されました。
佐々波ちゃんが引退公表時に発表した文章は佐々波ちゃんのTwitter、もしくは他サイトでご覧ください。
この記事では佐々波ちゃんの引退を受けて、管理人である私の思いのたけをツラツラと吐き出したいと思います。

 

佐々波ちゃんに出会ってハマるまで

今でこそ「佐々波ちゃん佐々波ちゃん」と連呼して『勝手に週刊佐々波綾』という記事を書いているほど佐々波ちゃんが大好きですが、去年の秋ごろまではそこまで好きではなく、逆にちょっと苦手な部類の女の子でした。
苦手と言っても食わず嫌いのようなもので
「なんかギャルっぽいな」
「ハッキリした顔立ちすぎて苦手だな」
という感じで、あまり積極的に作品に触れようとはしていませんでした。
その、食わず嫌いのような感覚がなくなったのは、佐々波ちゃんのVR作品を観て、でした。

アダルトVRに興味が沸いて「一番最初にどのVR作品を観ようかな」と悩んでいた時に目にしたのがこの作品。

この作品を観て、一気に佐々波ちゃんのイメージが変わりました。
とにかく可愛い!
スタイルもめちゃめちゃ良い!!
そしてとにかくあざとい!!!
この天使のように可愛い女の子があんな事やこんな事するなんて最高やんけ!!!
同時にVRの素晴らしさにも気付く事ができました。

この作品で『佐々波綾』という女優さんに心を奪われた私は、このVR作品を観て約1か月後には、佐々波ちゃんの魅力を語る記事まで書くほどハマッていました。

そしてさらに2か月後には「佐々波ちゃんの作品が多くて把握しきれないからまとめよう」という主旨で『勝手に週刊佐々波綾』をスタートさせ、本日に至るまでずっと大好きな女優さんのままです。

 

女優『佐々波綾』引退を受けて

私にとって佐々波ちゃんはとても大きな存在です。
初めて佐々波ちゃんのVR作品を観て「VRって面白い!」と感じ、それ以来、VR作品にハマり毎週のように作品を楽しんでいます。
もし、最初が佐々波ちゃんじゃなかったらこれほどVR作品にハマらなかった気がします。
これは完全に感覚的なものなんですけど、佐々波ちゃんってどんな作品でも「楽しんでもらおう」「いっぱい興奮してもらおう」「そして自分も楽しもう」という意気込みで出演していると思うんです。
その意気込みがVRだとダイレクトに観ているものに伝わるんですよね。

佐々波ちゃんは常に、現場にいる男優さんやカメラだけじゃなく、レンズの向こう側をしっかり観て振る舞ってくれている、ように感じるんです。
だから、佐々波ちゃんが彼氏とイチャイチャするシーンでは観ているこっちがデレデレしちゃうし、佐々波ちゃんが告白するシーンでは本気でドキドキできるんだと思うんです。
その佐々波ちゃんの気持ちがVRだととてもよく伝わってくるから、VRの良さを感じ取り、VRにハマれたんだと思うんです。

佐々波ちゃんは確かに可愛いし演技力も高いです。
でも一番凄いのは「気持ちをレンズの向こう側に伝える」という気持ち。

今、数多くのVR作品がリリースされ、多くのVR作品がDMMランキングで上位に入るほど人気、そして一般的になってきています。
でもふと思うんです。
「もし佐々波ちゃんがVR作品に出ていなかったら今頃どうなっていたんだろう?」
佐々波ちゃんの引退を受けて数多くの人が「VRの初めてが佐々波ちゃんでした」という声を上げています。
私もその一人です。
佐々波ちゃんという女優さんは、一女優というだけでなく、新たな媒体に視聴者を引き入れる力がありました。
そして引き入れた視聴者を、佐々波ちゃんは時に彼氏として、時に先輩として、時に愛する人として「気持ちをレンズの向こう側に伝える」努力を惜しまず続けてきました。
もし佐々波ちゃんがVR作品に出ていなかったら、もっとアダルトVR市場は小さかったんだと思うんです。
もちろん、いずれ今と同じ規模になっていたと思いますが、あと1年はかかったんじゃないでしょうか。

また、VR作品に出演する女優さん、新たに参入する監督さんやメーカーさんの中にも、佐々波ちゃんの作品をお手本、教科書にした人も数多く存在したはずです。
具体的な名前は挙げませんが、「この女優さん、佐々波ちゃんの演技に近いな」とか「この脚本のこの部分、佐々波ちゃんがVR作品でいつもしている仕草だな」とか感じる事は多いです。
そして、佐々波ちゃんが『アダルトVRで成功して大人気女優になった』という事実が、数多くの女優さんに勇気を与え、そして数多くの女優さんがアダルトVRに出演する後押しをしてくれていると思っています。

佐々波ちゃんは確実に、アダルトVR業界を2年ぐらい先に引っ張ってくれました。
佐々波ちゃんがいなければアダルトVRのパイはまだもっと小さく、佐々波ちゃんがいなければアダルトVR作品はまだもっと少なかったはずです。
佐々波ちゃんはアダルトVRの歴史を語る上で欠かす事の出来ない、エポックメイキングな女優さんになりました。

 

佐々波綾さんへ伝えたい事

ここまで書いては消し、書いては消しして何とか形にしましたが、
でもこんな事書きたかったわけじゃない

ここまで書きながら、結局何が書きたかったんだろうと頭の中を整理しつつ考えたんですけど、結局
今まで本当にありがとうございました!!!
これに尽きるんですよね。。。

最初にTwitterで引退報告を受けた時、頭が真っ白になりました
「え?」
「いやいや嘘でしょ」
「まだ早いよ」
「これからもっと人気出るのになんでだよ」
「まだまだ佐々波ちゃんの作品観たいから引退しないでよ」
という事が頭を駆け巡り、なんか整理するのに時間がかかりました。
朝、佐々波ちゃんのTwitterを見て引退報告の文章を読んだはずなんですけど、今改めて読んだら「こんな事書いてたんだ」と、、、朝読んだ時は全然頭に入ってなかったんですね(笑)
そして思うんです。
佐々波ちゃんが辞めたい時に辞めるなんて最高じゃん
って。

この業界、自らの意志で、自らのタイミングで辞められる人ってそんなにいないと思うんです。
売れなければ出演作品が減っていき自然と辞めざるを得なくなる人もいる。
作品が売れても大人の事情で自らのタイミングで辞められずに結果ボロボロになっている人もいる。
そんな中、佐々波ちゃんは自らの意志で、自ら選んだタイミングで引退できるんです。
きっとこれはとても素敵で幸せな事だと思うんです。
だったら佐々波ちゃんの幸せをめいっぱい喜ぶべきじゃん、って。

本心はまだ「辞めるなんて嘘であってほしい」という気持ちも33%ぐらいありますけどね(笑)

私、、、AV女優さんが辞める事になってこんなに悲しむ事になるなんて思わなかったです。
当ブログをご覧の方はおわかりかと思いますが、私、そんなに女優さんに執着がないんです。
でも『佐々波綾』は特別でした。

佐々波ちゃんは引退報告の文章の中で
「時々思い出したようにVRで私に会いに来てくれたらうれしいなあ」
って書いてありました。
そうなんですよね、佐々波ちゃんが数多くの素晴らしいVR作品を残してくれたから、何年経っても私たちは佐々波ちゃんに会えるんですよね。
佐々波ちゃんはもしかしたら「私なんて1年後にはみんなに忘れられてる」なんて思っているかもしれません。
いやいや、佐々波ちゃん。
『佐々波綾』という女優はもうアダルト業界の歴史の一部です。
活動期間は2年未満でしたが、これから1年後も5年後も10年後も語り継がれていく女優さんです。
『佐々波綾』という女優を終え、新しいあなたで人生を進めていくときっと『佐々波綾』という存在に触れる機会があると思います。
その時に初めて『佐々波綾』という存在の大きさに気付くのかもしれませんね。
もしかしたら『佐々波綾』という存在が重荷に感じる事も出てくるかもしれません。
でも、それほどまでに大きな存在を生み出したのは他ならぬあなたです。
こんなに大きな、そして多くの人を魅了する存在を作り上げたあなたなら、もう何でもできます。
この後、何をやっても上手く行くはずです。

私はこれからもずっと『佐々波綾』の作品を楽しみ続けていきたいと思います。

佐々波綾ちゃん、今まで本当にありがとうございました!!!多くの人を幸せにしてきた佐々波ちゃんのこれからの人生が素晴らしい日々でありますように!!!

 

佐々波ちゃんのおすすめ記事

 

 

佐々波ちゃんの作品の記事書く時、楽しかったなぁ。。。




え?無修正動画?丸見え?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人気記事ランキング(週間)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。