普通の痴漢ものとは違う、目の前で繰り広げられる興奮!佐々波ちゃんの本領発揮!⇒【VR】独占 混浴温泉痴漢 VR #佐々波綾 【VRエロ動画レビュー】



【エロ動画概要】
癒しを求めて訪れた温泉宿で起きた悲劇。ターゲットは母親と旅行を満喫する美尻女子大生。混浴露天風呂で急接近!助けを求めようにも周りは痴漢師だらけ!絶体絶命の状況で…集団触り、強制イカセ、フェラ廻し!非道行為は容赦なくエスカレート!拒めなくなった女にチ○ポをねじ込み2連続SEXまで!!他では決して経験できない過激空間に没入せよ!!※本編顔出し


【みどころ】
ワイは痴漢や!ワニで痴漢なんや(CV:プロゴルファー猿)

その前にまずはこのVRの見栄えから。
画質:全体的にモヤがかかっているが湯けむりのリアルさと思えば納得。後半、ライトが当たりすぎ白く飛んでる感じが気になる
ピント:基本的に合っているが目の前のものが揺れ動く際にピントがずれ曖昧に
比率:気になるほどではないが心持ち小さめ?気になるほどではないけど
角度:対面、見上げ、見下ろしと場面によって角度がコロコロ変わる

次に前段。
たぶんこの動画、ナンネット的知識があるとより楽しめる気がします。
まず「ナンネット」とは、とある出版社が立ち上げた、そもそもは掲示板サイト。
ここでは色んな変態が集まり、色んな情報を交換していました。
そこに「痴漢募集掲示板」なるものもあり、そこでは今では絶対NGな痴漢情報の交換が行われていました。
その中のジャンルの一つに「混浴痴漢情報」というものがあり、「エロい女が集まる混浴」なんて情報や「痴漢できる混浴」なんて情報まで交換されていたんです。
で、混浴情報の中に『ワニ』と蔑称される人種がいました。
『ワニ』とは混浴にやってくる女の子を、まるで水辺で獲物を待つワニのように待ち構え、女の子がやってきたら近づきジロジロと眺める、触る、痴漢する、という人種の事。
当初は混浴に浸かりながら待っていたそうですが、いつしかロビーで待ち構え、女の子が入ってきたら混浴に入る、という進化も遂げているようで。。。
『ワニ』は元々は個人個人で行っていましたが、同じ混浴でずっとワニを続けていると、いつしか連帯感が生まれ集団でワニを行う人たちがいたそうです。
で、この動画の中で自分の立ち位置は『ワニ集団のリーダー的存在』

そして、もう少し前段を広げると、
佐々波ちゃん母娘がやってきたこの温泉旅館は、たぶん『ワニ』の間では有名な混浴露天風呂がある旅館なんですよ。
母娘は何も知らずに入ってきたけど、ここにやってくる人はほぼほぼ「痴漢したい男」「痴漢されたい女」「見られたい女やカップル」「見たい男」という人種。
旅館の主もそれをなかば黙認していて、佐々波ちゃん母娘が部屋に入った際に主が言った「ここは露天風呂が有名」的な発言はそういう意味が含まれていて、言外に「変態同士お楽しみください」という意味。
露天風呂に入って最初にいた女2人組は、もう既に、そこに入っていた男たちと目的を達成した女たち。
だからみんなはもうこの2人組には触れないし、新たにきた佐々波母娘を新たなターゲットにした。。。

とここまで妄想を広げたところで、この動画の流れは
・ロビーで佐々波ちゃん母娘を待ち構えるリーダーの私
・部屋に入った佐々波母娘の着替えを覗き見
・露天風呂に入ってきたところで一緒に入り、手下を使って目の前におびき寄せる
・母親を酔わせて母娘をバラバラにして、佐々波ちゃんに痴漢開始
・散々潮吹き
・大人数で取り囲みフェラ強要
・強引にちんぽを入れてバック、対面で突きまくり顔射

この動画、なんと言っても見所は佐々波ちゃんの怯えながらも感じてしまう表情
佐々波ちゃんは毎度の事ながら、男を興奮させる、見ただけで射精させる『抜ける表情』をしてくれるんですが、今回はそれに加え『怯えながらも感じる』という、なかなか複雑な表情も随所に見せてくれます。

佐々波ちゃん母娘が自分の目の前に来て、母親にお酒を飲ませている間に私が足で佐々波ちゃんのアソコを痴漢している時の
「何してるんですかやめてください(キリッ」
という表情から、それでも止めずにずっと痴漢し続ける事によって、徐々に身体が反応してきてしまい
「お願いしますやめてください(トロン」
という表情への変化、、、めっちゃ興奮します。
止めてほしいけど感じてしまう、でも横に母親がいるし困ってる、、、その時の困惑を瞳に浮かべながらも唇が快楽で開いてしまいトロンとした目つきになってしまうこの表情だけでご飯5杯行ける!!!
ちなみにこの場面、母親のお酒の飲みっぷりに注目してしまいがちですが、けっこう冒頭からつま先での攻防があるので、そこ注目です。

で、母親が言葉巧みに酔わされ退場した後、本領発揮。
既に「こいつ感じやすいし押せば流されるな」と判断した私、母親がいなくなったと同時に強引におっぱいを揉み始め潮を吹かせます。

佐々波ちゃんの潮吹きを間近で見られるのがすごく興奮します。

それより興奮するのが、仲間にバックにさせられお尻を私の目の前に突き出され弄ばれるシーン。
目の前にある佐々波ちゃんのお尻の白さ、形のキレイさ、そして何より柔らかさに興奮しまくり!
目の前でお尻を揉みまくると、本当にお餅のように柔軟に手の中で変化しムニュムニュとなる佐々波ちゃんのお尻は、もうね、なんかもう、食べたくなる。

散々弄んでいると、佐々波ちゃんが隙を見て逃げ出し手下が追いかけ取り囲みます。
そしてフェラ、さらには挿入シーンへ。
途中で誰かが来て物音がする、というシーンは『さすがナチュラルハイ、芸が細かいな』と個人的に唸りました。
あのシーンで、私含めワニ全員、そして佐々波ちゃんも緊迫するんです。
みんな「誰かに見られたらまずい」という空気になり緊張感が生まれ、無駄にドキドキしちゃうんです。
あれいいっすねぇ。


そしてフェラ、というかイラマチオをガンガンしてから挿入。
個人的には仲間がバックで突きまくっている最中、虚ろな瞳で感じイキまくる佐々波ちゃんの表情を至近で見られる場面。
佐々波ちゃんっていじめられている時の表情が絶品でものすごく興奮するんですけど、これまで佐々波ちゃんのVRではそういう表情をあまり見られなかったと思うんですけど、この作品では、至近距離で『いたぶられいじめられ、でも感じて我を忘れてしまう表情』を見られるんです。
この表情だけでもこの作品に価値はあるな、と感じました。

さらに個人的にツボだったのは『挿入前までは本当に嫌がっていたのに、挿入された途端に墜ちてしまい、「イヤ」という言葉が本心ではなくなった瞬間』の描写。
この作品は最初から最後まで佐々波ちゃんが「いや」「やめてください」と言うんですけど、挿入前後では、そこへの感情の入り方が全然違うんですよ。
挿入直後に見せてくれる「あぁ、入れられしまった、もうダメ」という表情、その後の「ダメ=もっとして」となってしまった佐々波ちゃんの諦め、ものすごく欲情!!!

やっぱりナチュラルハイの痴漢ものVRは他とはちょっと違うな、と感じました。
痴漢ものが好きな人には間違いない作品ですし
佐々波ちゃんファンにとっても、今までのVRとは違った反応、違った表情が見られる貴重な作品になってます。

そしてここまで書いて気付きましたが
個人的になんかものすごくエグい性癖の暴露してる気がする。。。






え?無修正動画?丸見え?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人気記事ランキング(週間)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。