見るのが辛くなる!だからこそ興奮する!これはシリーズ最大の問題作⇒家まで送ってイイですか? case.86 『チ○コで殺してください!!』平成最後の真性ドMオンナ!!



【エロ動画概要】
サークル飲み会帰りのまどかさんを三軒茶屋にて確保!!
現在彼氏有。なんと既婚者ですが現奥様と別れてもらってからその彼と結婚するそうです。ほぼ婚約状態というなかなか変わった状況ですね。
自宅に性グッズ多数。大人用おむつが転がっていて何に使うのかと思いきや、やはり彼氏との変態プレイ用。コンビニでお会計中、彼氏に『今だ!だせ!!』とお漏らし命令されるそうです。変態カップルですね。他にも縄やムチ等なんでもありますね。アダルトグッズショップの様です。彼氏のドSセックスが大好きだそう。
セックス⇒インテリ変態タイプ。三島〇紀夫オナニーを嗜みます。乳首つねりや太ももつねりでドM心を燃やさせイラマチオプレイ開始。強引に頭をグイグイし喉奥発射。とても手におえない変態なのでプロの男優を招集。玄関まで半裸ハイハイでお出迎えにいきます。そして男優さんリュックを背負ったまま即ハメ。乳首を洗濯バサミで挟んで自ら首を絞める。涙が出るほど変態イキ。常軌を逸し過ぎてて書けません。今日の変態浮気プレイを彼氏に事細かに報告し、怒られ変態セックスをするそうです。うーむ凄い。
インテリ変態が一番怖くてスケベ。深いプレイを味わえました。これが大人のプレイですね!!以上


【みどころ】
これはエロを超えた「愛」についてのドキュメンタリー!!!
【注意】
この作品は過去に辛い恋愛をした経験のある、恋愛にトラウマのある人、現在精神的に不安定な人が観るとかなり精神的にやられますのでお気を付けください。

今回の女の子は既婚者の彼氏を持つ大学生。
キレイな顔立ちながら、どことなく陰がある、闇属性を持つミステリアスな美女です。
部屋に入るとすぐに『大人用おむつ』を発見し、彼氏がドSでSMプレイをしている事を告白。
コンビニにおむつをして入り、彼氏の命令でその場でおむつの中で放尿する、というなかなかなプレイ。

その後、スタッフが本棚に三島由紀夫や谷崎潤一郎の本がある事に気づいて聞いてみると
「読んでて興奮する」
「脳みそが震えそう」
「死にそう」
谷崎潤一郎は作品中でSMが出てくるし、三島由紀夫もそういう性癖があったという説があるので、本好きにはこのラインナップ、ド変態に移ります。

そして死刑に関する本が多数ある事に気づいたスタッフが質問してみると
「私にとって死刑は罰じゃない」
「殺されたい」
「最期に自分を殺してくれるほどの人に出会えて死ねるって良い」
「今の彼氏が、私が望むなら俺が殺すと言ってる」
「死ぬのが怖い」
「生きてても良い事がない」
と少女のように泣き出す女の子。
シリーズでもなかなかない無音編集、その後の「レットイットビー」のような曲が流れる事によって、観ているこちらも心をえぐられていきます。
やばいなにこれつらい。。。
その後も、スタッフが徐々に女の子の心の闇をえぐるような質問を投げ続けます。
一見、無神経にも思える質問の数々が全ての伏線になっていきます。
それにしても最後にした質問の「将来の夢ってなんですか?」に対する答え、、、心が弱っている時はここで号泣します。

質問の後、ようやくプレイに入るのですが、ここで女の子の最大の闇が発現します。
「ご主人様じゃないとダメだけど、後でお仕置きしてもらえると思うから悪い事する」
「悪い事したらご主人様に捨てられる」
この相反する思考が同居する彼女。
ご主人様にお仕置きして欲しいがために、スタッフにおっぱいを揉まれたり乳首をつねられたりするんですけど
「(今日の事は)全部ご主人様に報告する」
「言ったら捨てられるかもしれない」
「でも言わなきゃいけないから」
と捨てられる恐怖から号泣。
「痛い」「でもやめないで」とまるで幼女のように泣きじゃくります。
「ごめんなさい」と泣きながらご主人様に謝罪しながら、でも感じてしまう、止められると快感を求めて『お願い』をしてしまう彼女の反応になんとも言えない後ろめたい興奮を覚えます。

いやもうほんとこれで興奮するのはクソ人間だと思うんですけど、自他共に認める管理人は大興奮ですごめんなさい。

ただ、このスタッフは管理人以上にクソ人間であるため、この反応と今までの質問から得られた情報から、彼女を言葉で責め続けていきます。
「どこの誰かもわからない人間に触られて感じるんだ」
「彼はこれ見て悲しむよ」
「変態の浮気者だよ」
とどんどん彼女のメンタルを削り続けていき、彼女は比例して泣きじゃくる。

ただ、ここからが彼女の業の深いところで
「感じたら(ご主人様に)怒られる」
「(ご主人様に)怒られたいからもっとして」
と愛撫を懇願。
スタッフがチンポを目の前に出すと
「舐めたら怒られる」
と泣きながらも『怒られたいから』と自ら奥深くまで咥え続けるディープスロート。
「ごめんなさい」
「怒られたい」
「他の男の人のおちんぽ咥えてごめんなさい」
と、スタッフのちんぽを喉奥まで受け入れるイラマチオ。
残酷なまでのスタッフのイラマチオの仕方に見ちゃいけないものを見ているという興奮、性欲がムズムズと沸いてきます

そしてそういう前提抜きでもこの子のイラマチオはめちゃめちゃ興奮する!!!
根っからのドMの人のイラマチオってめちゃめちゃ興奮しますけど、彼女はまさにそれです。

散々イラマチオをされた後、スタッフの精液を「美味しい」と味わいお掃除フェラした後
「オナニー見せろよ」
の命令に素直に従います。

この子のオナニーが死ぬほどエロい!!!
素直に下半身裸になると、既にヌルヌルのアソコに指を何本も入れ激しく動かします。
もう片方の手を自分の口でチュパチュパ舐めながら
「気持ち良い」
「ごめんなさい」
「気持ち良くなっちゃダメ、気持ち良くなっちゃダメ」
とすぐにイッちゃいます。
さらには
「見られて我慢できない」
「我慢できなくてごめんなさい」
と勝手にオナニーを続行。
「ごめんなさいご主人様」の言い方が可愛すぎて管理人大興奮です。

その後も何度も何度もイキまくりオナニーをする彼女。
ミステリアスだった彼女が「もっとほしい」「なんかほしいなんかほしい」と幼児退行したかのような言葉で、駄々っ子のような言動を繰り返しながらご主人様に謝罪を繰り返しながらのオナニーはほんとやばいぐらい後ろ暗い興奮を覚えます。

オナニーを続けているとインターフォンが鳴りAV男優の到着です。
オナニーが止まらない彼女は玄関でオナニーをしながらAV男優が入ってくるのを待つというヤバさ!!!

男優もあまりの光景にビックリしつつも、部屋に入って即セックス。
彼女は
「気持ち良い」
「気持ち良くなったら怒られちゃう」
「ごめんなさいごめんなさい」
と待ちに待ったちんぽの快感に浸りまくり。
本当に、本当に幼女のような駄々っ子ぶりも発揮するんですけど、この子の駄々っ子ぶり、妙にクセになります。

しばらくハメられた後、男優のチンポをイラマチオし始めるんですけど、彼女、イラマチオの時に両手を後ろ手にするんですよ。
これはめっちゃ良いですね、わかってますわ。

男優に手マンをされながらクリを舐められると、目を見開いてとんでもない顔をしながら
「イッちゃだめイッちゃだめ」
「気持ち良くなってごめんなさい」
「捨てられちゃう」
と背徳感満載の言葉を言いながら、結局何度もイッちゃいます。
ものすごい気持ち良さとイッたら捨てられるという背徳感、、、彼女のイク姿が死ぬほど興奮する!

そこから男優のちんぽをフェラした後、アナル舐め。
この子のジュルジュル言わせながらの舌使い抜群のアナル舐めめちゃめちゃ気持ちよさそう!!!
男優も気持ち良さに「めちゃめちゃちんぽ立ってきちゃったよ」と絶賛。

バックからちんぽを入れられると
「ちんぽ、気持ち良い」
「どうしよう、気持ち良い」
「知らない男の人のちんぽ気持ち良い」
「捨てられちゃう、怒らないで」
「おまんこいきまふ」
と全力でイキまくる女の子。

「おまんこしか使えないからおまんこいっぱい使って」
という脳汁ドバドバ出そうな言葉も飛び出すほどイキまくり。

しかもここからの男優の追い込み方がものすごくエグイ。。。
騎乗位で彼女に腰をさんざん振らせながら
「彼氏好き?」
「彼氏のどんなとこ好きなの?」
とわざわざ罪悪感で彼女を追い込むような質問を投げ続けます。
すると、彼女号泣しちゃうんですけど、
「助けて助けてダメ」
「イク、イッちゃう、イクからやめて」
とさらに全力でイキまくります。
この子罪悪感で感じまくってる!!!

その後も
「死んじゃう死んじゃう」
「なにこれ死んじゃう」
「おまんこしんじゃう」
「ありがとうございますありがとうございます」
「ご主人様ごめんなさい」
と言いながらフィニッシュ。

見ちゃいけないものを見てしまった、、、という罪悪感と
ものすごいものを見てしまった、、、という興奮が同居して、観終わった後はなんとも言えない複雑な気持ちになります。

ただ、「ごめんなさい」と泣きながらイキまくる女の子の姿は今年見たどんなAVよりも興奮を覚えて脳汁が止まりませんでした

たぶん、人生において『破滅的な快楽』こそ一番のポルノなんでしょうね。
















え?無修正動画?丸見え?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

人気記事ランキング(週間)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。